kotoba*言葉
「ryo matsuoka」 / jarvis earnshaw
「About RYO MATSUOKA」
---Words By Tow Ubukata/冲方丁
「人って飛べる気がするんだ」RYO MATSUOKAはそう言った。

「当然、飛べるだろうって。普通のこととして」
---たとえば、もし飛べると信じる男が、同じように飛べると信じる女と出会って子供が生まれ、その子もまた飛べると信じて成長し、そして同じように飛べると信じる誰かと出会ってまた子供が生まれ、それからまたその子が同じように飛べると信じそうして何世代にも渡って「飛べる」という想いがつづいてゆくと、きっと人は自然と飛べるようになる。器械も風も火も要らずに---ただ人だけで。

「そんな気がするんだよ」RYO MATSUOKAは、力強い目で、そう言った。

そんな彼のことをどう言葉にするか。一番簡単なことから始めよう。
「彼は、絵を描くことで生活している――」
これが始まりだ。そしてここから限りないCOMLPLEXが拡がってゆく。

彼は、生活で絵を描いている――
彼はスタイルで絵を描いている。彼の手が、足が、心が、生活が、筆だ。
そして都市が舞台でありキャンバスだ。彼は常に彼自身で絵を描いている。

絵は、彼を生活させている――
彼の絵は何か。それは彼を生かしている何かだとしか答えようがない。
それは同時に僕らを生かしている何かだ。だから僕らは、彼の絵に共感する。

彼は、絵を生活させている――
彼は絵を呼吸させている。闘犬のように牙を剥かせず、
奥深い森で静かに長々と時間をかけて成長する大樹のように絵を扱う。
彼は絵とともに、絵は彼とともに生きる。

生活が、絵を、彼に描かせている――
彼が生まれる前から、絵というものは存在していた。
絵というものが存在する前から、人は生きてきた。彼は一番最後にいる存在ーー
「飛べる」と信じた人々の最後の末裔だ。

この世に無数の人が生きているということが、絵に「かくあれ」と告げる。
彼は全身全霊でそれを受け取る。絵とそういう関係を結ぶことを決めた、現代のシャーマンとして。

シャーマンは、司祭と違い、みなに背を向ける。それは、みなを無視することではない。
みなをどこかへ連れていく姿勢である。彼の背の向こう、
今まさに描かれる絵の向こうに見たこともない地平が広がる。
その地平の彼方に、偶然と呼ばれるものがある。
たまたまこの世に存在した、意味をなさない全てのカオスを祝福する言葉=偶然。
彼はその偶然をつかまえ、未知の意味を描き出す。
彼が描き始めなければ、彼の絵を見なければ、誰も何が起こるかも分からない。
そういう未知の躍動が、彼の絵を見つめる一人一人の生命を飛翔させる。
みなそれぞれ全く違うかたちで「かくあれ」と告げられる。

「この世に才能というものがあるとしたら、それは偶然をつかまえる力だ――」
その生命の秘密を正しく伝え、大勢の者に実感させることが出来るのが、彼だ。
彼は、絵で踊るシャーマンだ。

「僕らは偶然、この世に生まれた――その意味を今、知った」
それが、RYO MATSUOKAの絵がもたらす祝福だ。
彼の絵は、決して「飛ぼう」とは言ってくれない。
ただ――「飛べる」と、教えてくれている。

「松岡亮とは。」木村嵩之
描く 

腕を切られる 

足で描く 

脚を切られる 

髪で描く 

髪をぬかれる 

舌で描く 

舌を切られ死ぬ

これは技術ではない。芸術でもない。方法でもない。哲学でもないし。音楽でもない。これは。
これは「まるかいてちょんまるかいてちょん。おまめにねがでてうえきばちー。」だ。
パンクでもないし。ユーモアでもない。真実だ。あなたと何も変わらない。

*****************

ただただ描く。

出会ってくれて、ありがとう。

松岡亮